叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 14話 ネタバレ【このまま中に出しちゃおっかな】

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 14話 ネタバレ

 

 

こんにちは。

管理人のヒロシです。

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてというエロ漫画を紹介しています。

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎての14話は、

 

 

「また出そう・・・」

 

このまま出しちゃおっかな・・・

 

 

一度中出ししたのに、またすぐ2回目の射精がしたくなった幸平くん。

 

 

はーっ

 

はーっ・・・

 

 

恭子叔母さんの締め付けてくるマンコが気持ち良過ぎて、

 

 

どぴゅっ!

 

 

再び恭子叔母さんのマンコに中出ししてしまうのでした。

 

 

「また出しちゃった・・・」

 

 

しかし、幸平くんには反省する気持ちなどありません。

 

 

「叔母さん・・・ あと少しで出そうだから・・・

 

 

ウソをついて、3回目の中出し

 

 

(「恭子叔母さんの穴の中を、僕の精子でいっぱいにするんだ」)

(妊娠させる気マンマンの幸平くんは無我夢中で腰を振っていく・・・)

 

 

 

無料試し読みはこちらから!スマホで読んで下さいね!

  ▽   ▽   ▽

    クリック!!

→BookLive!コミック

サイト内の検索窓に「叔母さんの肉体」と入力して検索して下さいね。

BookLive!コミックで誰でも無料試し読みが出来ます。

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 14話 ネタバレ

 

→前回、13話のネタバレはこちらからどうぞ

 

 

あともう一回・・・

 

 

「恭子叔母さんの中に出すんだっ!

 

 

昨日の夜、恭子叔母さんに中出しして怒られた幸平くん。

恭子叔母さんが大好きで、どうしても妊娠させたい幸平くんは、怒られてもくじけず今日も夜這いに来たのでした。

 

 

恭子叔母さんに強制的につけられてしまったコンドーム。

 

 

でも、恭子叔母さんのマンコの締め付けがきつすぎて、コンドームは外れてしまうのでした。

「ふーっ・・・」

 

 

「ふーっ・・・!」

 

 

2回も中出ししたのに、恭子叔母さんのマンコが気持ち良過ぎて、呼吸が荒い幸平くん。

パンパンパンッ

 

 

隣のベットでは、恭子叔母さんの旦那さんが寝ているのに、夢中で腰を打ち付けていきます。

 

 

ドロっ・・・

中出しし過ぎたせいで、マンコから溢れてくる精子。

 

 

大量に注いでしまったせいで、チンポを出し入れする際に奥から出てきてしまいます。

 

 

「あれ・・・ 垂れてきた・・・

「そんなに濡れてなかったはずだけど・・・」

 

 

まさか中出しされたなんて気づかない恭子叔母さん。

 

 

「気づいていないだけで、こんなに濡れてたんだ・・・」

「甥っ子とエッチして、肉体は感じてしまっているんだ・・・」

 

 

と思ってしまう恭子叔母さん。

 

 

「叔母さん、もう出そうっ!

3回目の射精がもうすぐ近づいてきた幸平くん。

 

 

恭子叔母さんのマンコから溢れ出ていた精子と、エッチな汁が交じり合ってチンポ全体を気持ちよくさせていたのでした。

 

 

「出しちゃいなー」

コンドームを外されているなんて気づかない、のんきな恭子叔母さん。

 

 

このまま中出しを続けられたら妊娠の危機なのに、気楽に言ってしまうのでした。

 

 

パンパンパンっ

パンパンパンっ

 

 

一気に加速していく幸平くんの腰の動き。

 

 

肉体と肉体がぶつかり合う音が部屋に響いても、全然起きる気配のない恭子叔母さんの旦那さん。

「ふっ・・・」

 

 

「ふっ・・・」

 

 

「あうっ・・・」

幸平くんの腰の動きが止まり、恭子叔母さんのマンコに注ぎ込まれていく精子。

 

 

ふーっ

 

 

ふーっ

ふーっ

 

 

亀頭から精子が出ている間、呼吸は激しいままで、一言も喋れない幸平くん。

 

 

下半身はビクビク震え、恭子叔母さんのマンコの中で、

ビクン

 

 

ビクン

 

 

残りの精子を全部出し切ろうと、チンポは震えているのでした。

 

 

 

無料試し読みはこちらから!スマホで読んで下さいね!

  ▽   ▽   ▽

    クリック!!

→BookLive!コミック

サイト内の検索窓に「叔母さんの肉体」と入力して検索して下さいね。

エッチな叔母さんんが大胆に足を開いてくれるシーンをじっくりと楽しんで下さいね。

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて、14話。

3回目の中出しをされてしまう恭子叔母さん。

 

 

危険日が近いのに、大ピンチです(>_<)

 

 

でも、幸平くんを拒否しないで受け入れてしまった恭子叔母さんの責任でもあるんですけどね。。。

 

 

幸平くんの割り切り。

見習いたいものがありました。

 

 

「1回も、2回もおんなじだよね。」

2回目の射精の時に思い浮かんだセリフなんですけど、

その通り!

って思いました(*´ω`*)

 

 

次回の恭子叔母さんはスゴイです。

 

 

感じまくってしまいます。

 

濡れまくってしまいます(●^o^●)

 

 

幸平くんとエッチしているときに気持ちよくなってしまって、恥ずかしがる顔が最高にエロいです!

 

 

 

無料試し読みはこちらから!スマホで読んで下さいね!

  ▽   ▽   ▽

    クリック!!

→BookLive!コミック

サイト内の検索窓に「叔母さんの肉体」と入力して検索して下さいね。

エッチな叔母さんんが大胆に足を開いてくれるシーンをじっくりと楽しんで下さいね。

 

 

 

→15話のネタバレはこちらからどうぞ

 

→叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてを無料で読む方法はこちらからどうぞ

 

→叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてのあらすじはこちらからどうぞ