叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 12話 ネタバレ【コーちゃん、生はマズいって】

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 12話 ネタバレ

 

 

こんにちは。

管理人のヒロシです。

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてというエロ漫画を紹介しています。

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎての12話は、

一度射精したのに、すぐに勃起してしまう幸平くん。

 

 

「今日は安全日じゃないから、生は絶対にダメッ!

と言われているのに、暴走してしまう幸平くん。

 

 

「まだ精子がついてるでしょ!

 

 

しかし、完全に目がイってしまっている幸平くんは、無理やり恭子叔母さんのアソコに。。。。。

(目の前にマ〇コがあったら入れてみたい。。。 そう思ってしまうんです。たとえダメッって言われても、入れたいって思うのが男心というものなんです。)

 

 

 

無料試し読みはこちらから!スマホで読んで下さいね!

▽   ▽   ▽

  クリック!!

BookLive!コミック

我慢は身体に毒ですよ(´▽`*)

BookLive!コミックで誰でも無料試し読みが出来ます。

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 12話 ネタバレ

 

→前回、11話のネタバレはこちらからどうぞ

 

 

コンドームの中にたっぷりと射精した幸平くん。

 

 

幸平くんは恭子叔母さんの中からチンポを引き抜きました。

 

 

チンポを引き抜くと同時に、恭子叔母さんのマンコの中からもエッチなお汁が溢れ出してきます。

そして挿入中にアソコをギュッと締め付けられたせいで、余韻にひたる幸平くん。

 

 

はー はー はー

 

 

どうやらたくさんの精子を射精したみたいで、満足した様子です。

幸平くんは立っていられないほど、射精した満足感がこみ上げているみたいです。

 

 

そしてチンポからコンドームを外して、マジマジと見る恭子叔母さん。

 

 

「こんなにいっぱい出して・・・」

「ホントに若いんだから・・・

 

 

ゴムつけてても気持ち良かったでしょ?」

 

 

コンドームをつけているから、すぐに射精しなかも・・・

と思った恭子叔母さんは、マンコの中をギュッと締め付けてチンポ全体を刺激してあげていました。

 

 

もともと締まりが良く、気持ちの良い恭子叔母さんのマンコ(*´ω`*)

 

 

幸平くんはゴムはつけていてもギュって締め付けられて、大満足でした。

「はー はー はー」

 

 

 

無料試し読みはこちらから!スマホで読んで下さいね!

▽   ▽   ▽

  クリック!!

BookLive!コミック

我慢は身体に毒ですよ(´▽`*)

エッチな叔母さんんが大胆に足を開いてくれるシーンをじっくりと楽しんで下さいね。

 

 

 

下半身を襲う快感でまだ立つことのできない幸平くん。

 

 

満足している幸平くんに向かって恭子叔母さんは、

 

 

本当はこんな事、

「ゴムつけたってあり得ない事なのよ?

 

 

 

 

近親〇姦はダメなのよ!

と教えてあげます。

 

 

「はー はー はー」

 

 

腰が抜けて座っている間も、ずっと恭子叔母さんの裸を見ていた幸平くん。

恭子叔母さんが喋っている間に、再び勃起してしまいます。

 

 

「使ったゴムは片付けておくから・・・」

 

 

「見つかったら、大変だわ・・・」

セックスは一回だけという約束。

 

 

あとは部屋に戻って寝るだけ。

 

 

パジャマを着て部屋に戻ろうとした恭子叔母さん。

しかし絶倫の幸平くん。

 

 

幸平くんの性欲はこんなものではありませんでした!

 

 

さっきの気持ち良いセックスをもう一度やりたかったのです。

再び落ち着きを取り戻した幸平くん。

 

 

恭子叔母さんを押し倒し、再びトイレに座らせるのでした。

 

 

コンドームの中にたっぷり精子を出して、「満足したはず」と思っていた恭子叔母さん。

強引に便座に座らされてしまいました。

 

 

片付けようとしていた精子入りのコンドーム。

 

 

「いたたたたっ!」

「コーちゃん、なにするのっ?」

 

 

恭子叔母さんはあわてて幸平くんの顔を見ます。

 

 

うわっ!

「目が正気じゃない!

 

 

幸平くんの顔を見て尋常じゃないくらい興奮しているのが分かった恭子叔母さん。

 

 

幸平くんの目はギンギンに血走り、恭子叔母さんをレイプしようとしていました。

フー フー フーッ

 

 

暴走している幸平くんはとても力が強く、恭子叔母さんには抵抗できませんでした。

 

 

力ずくで離れようとしても、幸平くんはどんどん近づいてきます。

「コーちゃん、ダ、ダメッ!

 

 

何を言っても幸平くんの動きは止まりません。

 

 

勃起しているチンポを恭子叔母さんのマンコにあてがって挿入してこようとしてきます。

「ウソッ・・・ ちょっと・・・」

 

 

「生はマズいって!

 

 

恭子叔母さんの声はすでに幸平くんの耳には届いていません。

ハー ハー ハー

 

 

言いながら、恭子叔母さんのマンコをずっと見ています。

 

 

そして、ゴムをつけていないチンポを、マンコに押し付けてきます。

必死で抵抗する恭子叔母さん。

 

 

幸平くんはそれでも挿入してこようとしてきます。

 

 

「も、もう安全日過ぎて・・・

ちゃんとゴムつけてぇ!

 

 

恭子叔母さんのマンコにチンポがジャストインしました。

 

 

拭いてないので、まだ精子がついているオチンチン。

ダメッ

 

 

と言っているのに、無理やり挿入してしまう幸平くん。

 

 

恭子叔母さんは無理やりチンポを挿入されて、思わず、

「んっ・・・」

 

 

って声が漏れてしまいます。

 

 

「やめて」

という恭子叔母さん。

 

 

全然やめる気がない幸平くん。

 

 

足をバタバタさせて何とかやめさせようとするのですが・・・・・

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎての12話。今回は濃厚な終わり方でした(*´ω`*)

 

 

中出しされて怒った恭子叔母さんが幸平くんを突き飛ばすときの表情。

こんなのはイヤッ

って感じが良かったです。

 

 

暴走する幸平くん。

セックスに対する執念がすごいですね・・・。

 

 

それだけ恭子叔母さんの肉体が気持ち良かったんでしょう。

 

 

それと、「もうだめッ」って断っていても、何回もセックスさせてくれていたので、「これで最後のセックス」というのが本当に嫌だったんでしょうね。

 

 

あんなに気持ちいい恭子叔母さんの肉体

 

 

一度味わってしまったら、癖になるというか、完全に虜になってしまうのはしょうがないかもしてませんね。

 

 

今回の叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて、12話は本当にエロかったです!

(乳首が敏感な恭子叔母さん。幸平くんに吸われてビクッて感じる姿もエロ可愛かったです)

 

 

 

無料試し読みはこちらから!スマホで読んで下さいね!

▽   ▽   ▽

  クリック!!

BookLive!コミック

我慢は身体に毒ですよ(´▽`*)

エッチな叔母さんんが大胆に足を開いてくれるシーンをじっくりと楽しんで下さいね。

 

 

 

→13話のネタバレはこちらからどうぞ

 

→叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてを無料で読む方法はこちらからどうぞ

 

→叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてのあらすじはこちらからどうぞ