叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 18話 ネタバレ【甥っ子相手に、イカサレて】

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 18話 ネタバレ

 

 

こんにちは。

管理人のヒロシです。

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてというエロ漫画を紹介しています。

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎての18話は、

 

 

「うわっ・・・」

 

「急にチンチン締め付けてきた!」

 

 

ついさっきまでオナニーしていた恭子叔母さん。

 

 

幸平くんの小さいちんぽでも、すぐにイきそうになってしまいます。

 

 

そして幸平くんも締め付けてくる恭子叔母さんのマンコが気持ち良過ぎて

 

 

「あっ・・・」

 

「あっ・・・」

 

 

搾り取られるかのようにマンコに中出ししてしまいます。

 

 

「甥っ子相手になにイってんのよ・・・」

 

 

幸平くんと何十回と、セックスをしてきた恭子叔母さんでしたが、この夜、初めてイカされてしまう・・・

 

 

(幸平くんにイかされて反省する恭子叔母さん)

(足をピーンと伸ばしてイク恭子叔母さんは超エロいです!)

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて、18話。

ついにイかされてしまった恭子叔母さん。

ぐったりして何も出来ない姿がリアルにエロすぎです(*´ω`*)

 

 

 

無料試し読みはこちらから!スマホで読んで下さいね!

▽   ▽   ▽

  クリック!!

BookLive!コミック

我慢は身体に毒ですよ(´▽`*)

BookLive!コミックで誰でも無料試し読みが出来ます。

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 18話 ネタバレ

 

→前回、17話のネタバレはこちらからどうぞ

 

 

「はっ・・・ はっ・・・」

 

 

恭子叔母さんのマンコにゴムなしで挿入している幸平くん。

 

 

さっきフ〇ラしてもらったばかりだというのに、すでにギンギンに勃起しています。

一生懸命腰を振って恭子叔母さんのマンコを堪能していきます。

 

 

しかし、この夜、気持ち良かったのは幸平くんだけではありません。

 

 

恭子叔母さんもさっきまでオナニーしていたせいで、幸平くんの小さいチンポを入れられて感じてしまっているのです(*´ω`*)

そして感じているのが気づかれない様に、腕で口を押えて声が漏れないように踏ん張る恭子叔母さん。

 

 

手で口を押えてもあまりにも気持ちよくて声が漏れてしまいそうだからです。

 

 

声を出してしまいそうですが、必死で唇を抑えて我慢します。

そんな恭子叔母さんの気持ちなど知らずに、夢中で腰を振りまくる幸平くん。

 

 

「さっきまで寝ていた」

 

 

という風に聞いていたせいで、顔を隠していても何も疑わない幸平くん。

疑わないというよりも、顔を隠してくれた方が幸平くんの方にも都合がいいわけです。

 

 

チンポを挿入して腰を振っていると、

 

 

「あれ・・・」

いつもと違う違和感を感じる幸平くん。

 

 

気持ち良くて仕方のない恭子叔母さんのマンコは、ひとりでに幸平くんのチンポを締め付けてくるのでした。

 

 

そしていつもはただ受け身の恭子叔母さんが、今日は自らも腰を動かしてくるのです(*´з`)

「どうしたんだ叔母さん・・・」

 

 

「股を打ち付けてきた・・・」

 

 

イキたくなってしまった恭子叔母さんは、幸平くんのチンポを奥の方で感じられるように、マンコを押し付けてきます。

どんどん濡れ濡れになっていくオマンコ(*´ω`*)

 

 

腰をふっている幸平くんも、いつもよりも気持ちよくなってしまいます。

 

 

「出そうっ・・・」

一気にこみ上げてくる射精感。

 

 

「はぁはぁ」

 

 

言いながら、ますます腰の動きは早くなっていきます。

「あっ・・・」

 

 

そして、自分の予定よりも早く射精してしまう幸平くん。

 

 

ビクビク震えながら、恭子叔母さんのマンコにいっぱい注ぎ込んでしまいました。

どぴゅぴゅぴゅぴゅぴゅぅぅぅ~

 

 

勢いよく出続ける精子。

 

 

恭子叔母さんはコンドームをつけてくれている、と思っているので安心してます。

マンコの中で震えている幸平くんのチンポ。

 

 

全部精子を注ぎ終えると

 

 

「ハァハァ・・・」

言いながら、チンポを引き抜く幸平くん。

 

 

恭子叔母さんは、ボッーとしていました。

 

 

「すんごい気持ち良かったな~」

全部出し切ったようで、すっきりした顔つきの幸平くん。

 

 

恭子叔母さんのマンコを見てみると、垂れてくる白い液体。

 

 

「やばい!」

「拭かないとバレちゃうっ!」

 

 

恭子叔母さんのパジャマで垂れてきた精子を拭く幸平くん。

 

 

恭子叔母さんはマンコを拭かれている間も、身動きしません。

「はー はーっ」

 

 

激しいままの呼吸。

 

 

幸平くんは息を整える事しか出来ないのでした。

 

 

 

無料試し読みはこちらから!スマホで読んで下さいね!

▽   ▽   ▽

  クリック!!

BookLive!コミック

我慢は身体に毒ですよ(´▽`*)

エッチな叔母さんんが大胆に足を開いてくれるシーンをじっくりと楽しんで下さいね。

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて、18話。

幸平くんのチンポでイカサレてしまった恭子叔母さん。

 

 

女の人がイクって、あういう感じなんですね☆

声を出しまくってイクよりもリアルに興奮してしまいました(*´ω`*)

 

 

イったあとで喋れないし、動くことも出来ない恭子叔母さん。

 

 

イったあとも股を開いたままの恭子叔母さんがエロかったです。

 

 

イったあとに幸平くんの顔を見れないのは、やはり旦那を愛しているという事。

 

 

幸平くんで気持ちよくなってしまって、なんだかわかんない・・・って感じなんですかね(^^;)

 

 

「自分のせいでこんな風になってしまった」

と思っている恭子叔母さんらしい判断かもですね。

(しかし、それが逆にエロさを増してくれました)

 

 

次回の叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてもお楽しみに(●^o^●)

 

 

 

無料試し読みはこちらから!スマホで読んで下さいね!

▽   ▽   ▽

  クリック!!

BookLive!コミック

我慢は身体に毒ですよ(´▽`*)

エッチな叔母さんんが大胆に足を開いてくれるシーンをじっくりと楽しんで下さいね。

 

 

 

→19話のネタバレはこちらからどうぞ

 

→叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてを無料で読む方法はこちらからどうぞ

 

→叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてのあらすじはこちらからどうぞ

 

 

 

 

コメントを残す